東海道新幹線の売り子のつぶやき。

主に、のぞみの車内販売を担当しているバイト(アシスタントクルー)。しかも、元車掌という謎の経歴を持っている、聖飢魔Ⅱ信者(笑)そして、レイキマスターであり、バイナリーのトレーダー。

お引っ越しのごあいさつ。

こんばんは☆

Kです。

新年度を迎えましたね。

何か新しいことを始めようという安易な考えで、はてなブログを始めることにしました。

(他にも始めているのですが、その話はまた後日。)

f:id:aphroditekei:20170404124644j:plain

アメブロでブログを書いてはいたのですが…

「ビジネス臭がするのは好ましくない」

という思いに至り、アメブロを作り直すのも面倒なので、はてなブログへ移籍することにしました。


このビジネス臭…

現在、本当にうんざりまっしぐらでして・・・(´д`|||)


自分でビジネスを立ち上げた当初、集客に関しては、右も左も分からない状態だったため、集客セミナーに参加したりコンサルに付いてもらった時期がありました。

それらで言われる、所謂、集客の定番である、アメブロを集客ブログにし、Facebookも見ず知らずの方と友達になっては、自撮り写真を載せたり、ブランディングをしたりとやってみたのですが…

我が強い私にとっては、自分を型にはめることはとにかく苦痛でしかなかったのですね。

(なんだかんだ言っても、根は素直なので、とりあえずやってはみる性格です。)


使えるものは使えと言われ、「元新幹線車掌」とかしょうもない肩書きを推奨されたりもしました。

今考えると、肩書きが嫌いな私にとっては、邪魔臭かったのかも・・・。

あと、記事の内容も盛るに盛る、私から言わせてもらうと詐欺ブログ(笑)

いかに自分のビジネスでリア充感を出すか・・・もうそれがとにかく辛くて辛くて。

昔からの私の文章を見ている方は分かっているかと思いますが、私の思いや考えを等身大で書くことが私の書き方なのです。

だから急に、嘘で塗り固めたブログなんて書いていても、しんどいとしか思えなかったわけです。


なので、ビジネスとSNSをリンクさせるのは止めることにしました。

自分の好きなように書いていた方が、周りの反応もいいんです。


その思いに至ってから、無理矢理増やしたFacebookの友達を整理したものの、イベントなどでリアルで会った方は友達としてつながっています。

その中で、ご自身のビジネスの話を毎回書いている方を見ていると、すごいなと心の底から思うのですが・・・

本音を言うと、私的にはうんざりなので、スルーしています。


ちなみにビジネスも、浮気性の私にとって、何か一つに絞り込むのは無理ということもよく分かりました。

学んだことをそれなりにやってのけるのですが、後付けスペックはどうしても極められないんです。

学んだことは既にこの世で確立されていてるわけですから、それを極めて一番になるか、何かと組み合わせてオリジナルにするか・・・

何かと組み合わせても、結局、この世で確立されているものを組み合わせただけなので、誰かしらとぶつかってしまうんですよね。


一番長く続いたのはレイキですが、正直なところ消去法で選んだものです。

そして、この世に出回りすぎな分野の一つですね。

そんなぶつかりながらの分野でも、私を見つけてくださる方がいて、なんとかマスター育成は出来たので、それなりには極めることは出来たのかなと私としては思うのです。


ビジネスごっこを始めて1年経過し、自分のビジネスにこだわることを止めました。

見栄を張ったり、演じたりするのに疲れちゃって・・・。

ブログも含めて、自然体に生きていたいというのが本音の部分だと感じています。


と、そんなことを思っているときに、ブログコンサルの方から言われて気づいたことがありました。

どうやら私は

「文章を書くのが人より優れている」

らしいのです。


色々振り返ってみると、

mixi時代の読者が、私の文章を読みたいからとわざわざFacebookで申請してきた

・大学時代、実験のレポートを書くのは苦ではなかった

・大学時代、体育会本部で、情宣の担当をし、新聞の記事を書いていた

・卒研は、先生の言っていたことをまとめただけ

・大学の後輩に、「文章を書く」ことをうまく繋げたほうがいいと言われた

・仕事では、資料作成が得意だった

・今参加しているセミナーで、毎回ノート作成担当になっている

などなど。

私的には、ごはんを食べるくらい当たり前のこと過ぎて、すごいということに全く気付いていなかったんです(笑)

何で否定してきたかというと、国語が苦手だったからありえないと思っていたからなんです。


だから、余計に、ビジネスと切り離して、文章を書くことをしたいなと思ったわけです。