東海道新幹線の売り子のつぶやき。

元車掌という謎の経歴を持つ売り子です。日々の感じたことを書いています。

飲みに行った方が、お金がうまく回る矛盾。

こんばんは☆
Kです。

f:id:aphroditekei:20170407183052j:plain

ほとんど他人の記事なんて、タイムラインで流し読みするのですが。

今日は、たまたまFBのタイムラインにお金の話が出ていまして、私も考えていたところだったので、読んでみました。

どちらも、面識のある方なのですが…

永田しのぶさん
ameblo.jp

藤原理恵さん
ameblo.jp


藤原先生は、一回しかお会いしたことが無いので…

私のことを覚えていらっしゃるかは分かりませんが(笑)


要約すると、

「自分が喜ぶことにお金を使いたまへ」

ということです。


それには許可と承認が必要で。

自分は、

「○○を与えるに値する人間」

ということを潜在意識から思っていないといけないのです。

自分に与えるのを許可する

そして

自分の価値を承認する

の2方向からのアプローチが必要なわけです。


自分なりに、自分の状況で考えたのですが…

最近、飲みに行っていない ゚ ゚ ( Д  )

と気付いたのです。


すいません(笑)

私の頭では、どうしてもお酒に結び付いてしまう( ´_ゝ`)


そこから真面目に考えたわけです。

周りが困っているからと、ワゴンの仕事をやりまくって…

でも、それは自分のためではないです。


自分の時間を犠牲にして、他人というか、会社のために頑張れば、その見返りにお金はいただけますが…ね。


本来なら、自分のために使う時間を、他所に使っていたがために、当然、飲みに行く気力も体力も残っていなくて。

でも、飲みたいという想いは強かったので、家で飲むという

妥協

をしたわけです。


で。

今の状況と、よく飲みに行っていたときのことを比較したときに、何故か、

飲みに行った方がお金が回っていた

ということに気づいたのです。


外で飲むより、家で飲んだ方が安上がりなのに・・・

この矛盾。。。

不思議ですよねー^^;


で、その理由が、さっき紹介した二つのブログに書かれていたわけです。

なので、今日は久々に飲みに行きました。


でも。

飲みに行くと言っても、一人飲みが私の喜び・・・

ということにも気づきました。

誰かと飲みに行くのは嫌いではないんですが、一人のときほど喜びを感じません。


飲みのときまで、他人に気を使いたくないのが本音・・・なのかもしれません。

飲みたいペースで

食べたいものを食べて

帰りたくなったら帰る

誰かと行ったら、どれも叶わないですからね(苦笑)